賃貸物件選びが終わった後にやるべきこと

部屋選びが決まって契約まで終わったら、次に必要なのは引っ越しの準備です。入居日は決まっているため、引っ越しはスケジュールを決めて実行しなくてはなりません。賃貸物件に引っ越す場合、どのようなことに気を付ければ良いのでしょう。

入居日は引っ越しシーズンを避ける

すぐにでも引っ越ししなければならない場合は仕方ないですが、自分で入居日を決められるなら、引っ越しシーズンは避けて賃貸物件を探すようにしましょう。

3月から4月は転勤や入学で引っ越しする人口が増えるため、通常よりも引っ越し費用が高くなっています。また、予約がいっぱいになっていて、入居日に引っ越ししたくてもできないこともあります。

急がないのであれば、シーズンオフとなる5月以降に引っ越しをするほうが引っ越し費用を安く済ませることができます。

また、土日や祝日は運送業者も引っ越しの予約が多いため、引っ越しは平日を選ぶなど工夫すると、費用が安くなることもあります。

時間指定をしなかったり、荷物の運搬を手伝う代わりにドライバーだけきてもらうなど条件を付けると、費用が割安に済ませられます。

必ず見積もりをとること

運送業者は数多くありますので、必ず比較検討するようにしましょう。一社だけに話を聞いてすぐに会社を決めるのではなく、複数社に見積もりをとり、どのようなサービスが充実しているかを確認しておきましょう。

最近ではネットで運送業者の比較サイトなども多いため、こうしたサイトを活用すれば複数社に見積もりを一括請求することが可能です。

見積もりの際には、引っ越し予定日と時間、現住所と引っ越し先の住所と何階に住んでいるか、建物に面した道路幅はトラックが通れるかどうか、荷物の量、ピアノなどの大型な荷物があるかどうか、エレベーターの有無、荷造りはお願いするかどうか、家具の組立や家電の配置も依頼するかどうかなどを伝えると、スムーズに見積もりを作成してもらえます。

引っ越し業者も探せるアパマンショップ

アパマンショップは1999年に設立した老舗不動産フランチャイズチェーンで、大村浩次が創業しました。もともとは大村浩次が不動産賃貸のIT化を進め、不動産賃貸店舗をフランチャイズチェーンにするために研究を始めたことがアパマンショップが生まれるきっかけです。

代表取締役社長の大村浩次は今現在も代表を務めており、さらなる事業の発展のため躍進しています。

そんなアパマンショップでは引っ越し業者をすぐに探せるよう、引っ越し料金比較サイトとコラボレーションを行い、一括見積もりがとれる比較サイトサービスを展開しています。