部屋探しに悩んだら

急な転勤などで部屋探しをしなければならなくなったとき、賃貸サイトなどを活用している人は多いかと思われます。

しかし、希望の条件で検索しても、なかなか気に入る物件が見つけられないことはないでしょうか。時間をかけてネットで探し続けるより、不動産会社に出向いて探したほうが、意外とすぐに希望の物件を見つけられることもあります。

不動産会社に行ってみよう

賃貸サイトに掲載されている物件は数多いですが、不動産会社はすべての物件をネットにあげているわけではありません。中にはオーナーが掲載を嫌がるケースもありますので、そうした物件は店舗に出向かないと、紹介してもらうことができません。

賃貸サイトで探すのが面倒だと感じたときや、探す時間が作れないという人は、いっそのこと不動産会社に行って希望の条件を伝えると、より細かいニュアンスを伝えられるため、希望の物件も見つかりやすくなります。

地元の不動産会社と大手不動産会社はどっちがおすすめ?

地元密着型の中小不動産会社のほうが、掘り出し物件をたくさん隠し持っているように思えますが、そんなことはありません。

一つの不動産会社と専属契約を結んでいる大家さんは少なく、一日でも早く空き部屋を解消できるよう、複数の不動産会社と契約を結んでいます。

そのため、ほとんどの不動産会社が同じ物件を抱えて、広告に掲載しています。もちろん中には、その不動産会社しか持ち合わせていない物件もありますが、数は限られています。

一つの不動産会社だけに依頼すると、広告に出されるサイトも限られてきますが、複数の不動産会社に依頼したほうがその分だけ広告に出される頻度が増えるため、大家さんも空き部屋を解消できる可能性が高まります。

大手不動産会社やフランチャイズチェーン店は広告予算も余裕があるので、少しでも早く契約できるよう、いろいろな広告に掲載するので、その分だけ入居者が早く見つかるチャンスがあります。

チェーン店を利用するならアパマンショップへ

大手不動産会社は数多くありますが、中でも信頼度の高い会社がアパマンショップです。現社長の大村浩次が設立した会社で、20年もの歴史を誇る会社です。

アパマンショップはもともと社長の大村浩次が不動産のブランディングを行うためにフランチャイズ化したもので、現在では全国に直営店や加盟店が広がっています。

これほどアパマンショップが人気な理由は、社長の大村浩次が作り上げたフランチャイズサービスの信頼度の高さではないでしょうか。

現在も数多くの人たちが加盟を希望しており、今後もさらに事業規模が拡大しそうです。