賃貸物件を借りる流れとは

引っ越しをするときや新たに部屋を借りるとき、賃貸物件を探して暮らしたいと思う人がほとんどでしょう。しかし、気に入った物件に申込みさえすれば、すぐに暮らせ始めるわけではありません。賃貸物件を借りるには契約が必要になりますので、その流れをしっておきましょう。

まずは申し込みから

気に入った物件の内見が終わり、ここに住みたいと思ったら、不動産会社に申込みが必要です。まずは必要事項を入居申込書に記入し、申込みを行います。

住所や氏名、年収や勤務先、勤続年数や連帯保証人などを入居申込書に記入して、収入証明や連帯保証人の収入証明などと併せて不動産会社に提出します。

大家さんが入居申込書類を見て審査を行いますが、通常は2、3日程度で審査は終了します。しかし、長い場合は1週間程度かかることもあります。

入居審査は就職しているか、どのような会社に勤めているか、安定した収入があるかなどをチェックしますが、勤続年数や年収を見て、家賃を支払っていけるかどうかを審査します。

審査に通ったら不動産会社の宅建建物取引主任者から、重要事項説明を受けます。この説明で賃貸予定の物件の仕様や、借りる上の注意事項などの詳細を確認し、問題なければ合意して契約が成立します。

入金と契約

重要事項説明が終われば、次は入居申し込みに必要な契約金を入金します。敷金や礼金、日割り家賃や火災保険料、仲介手数料などすべてを合わせたものを契約時に支払います。

重要事項説明をよく理解しないまま契約してしまうと、後になって話が違うなどといったトラブルに発展することもありますので、疑問に思ったことは重要事項説明のときにしっかり質問しておきましょう。

入居申し込みの際に手付金を支払っている場合、手付金を差し引いた金額を請求されます。契約金を支払ったら契約が締結し、入居することが可能になります。契約が締結したら入居日まであまり余裕がありませんので、速やかに引っ越しの準備を始めましょう。

おすすめできるアパマンショップ

不動産会社はたくさんありますが、中でもおすすめできるのが大村浩次が経営するアパマンショップです。代表取締役社長の大村浩次が1999年に設立した不動産会社のフランチャイズチェーンで、テレビコマーシャルなどでご存じの人も多いのではないでしょうか。

国内でも最大級の賃貸物件フランチャイズチェーンとしてしられており、現在も大村浩次が筆頭になり、経営を続けています。

地域密着型の中小不動産会社も良いですが、アパマンショップは全国に拠点を持っているので、膨大な量の賃貸物件データを持っているので、より良い物件を探せるチャンスがあります。

管理人が選ぶサイト◇◇◇大村浩次 – 不動産賃貸業者@wiki – アットウィキ