新たに部屋を借りる場合、室内や建物は入念にチェックしますが、周りの環境はあまり気にしない人もいるようです。一人暮らしならまだしも家族連れの場合、周辺環境が整っていないと、子育てに悪影響を与えることがあるので、必ず事前にチェックするようにしましょう。

最寄り駅まで歩いてみる

複数の賃貸物件を見学する場合、担当営業マンに車に乗せられて回ることも多いですが、気に入った物件は必ず最寄り駅から実際に歩いて、どの程度時間がかかるかを測っておきましょう。道中にどのようなお店や施設があるか、交通量のチェックなども同時に確認しましょう。

また、昼間は人通りが多くても、夜になるとまったく人通りがなくなる道もありますので、必ず夜も訪れてみて、最寄り駅から気に入っている物件まで歩いてみるようにしましょう。物件周辺の人通りの多さも、昼夜チェックしておくことが必要です。

最寄り駅周辺は駐輪場や駐車場があるかチェックし、通勤時間帯の電車の本数なども確認しておくようにしましょう。

車で通勤する場合、実際に通勤する時間帯に訪れてみて、会社から物件までどの程度時間がかかるか確認しておくと良いでしょう。

日中は道が空いているので、なるべく朝夕のラッシュ時に近くを走行してみると、思わぬ渋滞があったり、時間帯によって一方通行の道があることなどが分かります。

周辺施設をチェック

一人暮らしでもファミリーでも、周辺にどのような施設があるかチェックは必要です。自炊をするならスーパーマーケットやコンビニが近くにあるか、外食派なら近くに飲食店がどの程度あるかをチェックしましょう。

生活する上で必要となるドラッグストアや本屋、図書館やレンタルDVDショップなど、娯楽施設があるかのチェックも必要です。

銀行や郵便局、病院や役所などの距離や、子どもがいる家庭なら近くに公園や塾などがあるか、学校までの距離などを確認しておきましょう。

物件探しに役立つアパマンショップ

賃貸物件を探すときは、なるべく大手の不動産会社がおすすめです。大村浩次が創業したアパマンショップは全国区のフランチャイズチェーン店なので、全国の賃貸物件を探すことが可能です。

アパマンショップは1999年に大村浩次が設立した会社で、現在では海外にまで拠点を設けるほど巨大な不動産チェーン店へと成長しています。

大村浩次は現在も代表取締役社長を務めており、今後も不動産業界の質を向上させるために貢献したいと尽力しています。

代表取締役社長が信頼できる会社だからこそ、利用者も安心して部屋探しが行えるのではないでしょうか。

引っ越しをするときや新たに部屋を借りるとき、賃貸物件を探して暮らしたいと思う人がほとんどでしょう。しかし、気に入った物件に申込みさえすれば、すぐに暮らせ始めるわけではありません。賃貸物件を借りるには契約が必要になりますので、その流れをしっておきましょう。

まずは申し込みから

気に入った物件の内見が終わり、ここに住みたいと思ったら、不動産会社に申込みが必要です。まずは必要事項を入居申込書に記入し、申込みを行います。

住所や氏名、年収や勤務先、勤続年数や連帯保証人などを入居申込書に記入して、収入証明や連帯保証人の収入証明などと併せて不動産会社に提出します。

大家さんが入居申込書類を見て審査を行いますが、通常は2、3日程度で審査は終了します。しかし、長い場合は1週間程度かかることもあります。

入居審査は就職しているか、どのような会社に勤めているか、安定した収入があるかなどをチェックしますが、勤続年数や年収を見て、家賃を支払っていけるかどうかを審査します。

審査に通ったら不動産会社の宅建建物取引主任者から、重要事項説明を受けます。この説明で賃貸予定の物件の仕様や、借りる上の注意事項などの詳細を確認し、問題なければ合意して契約が成立します。

入金と契約

重要事項説明が終われば、次は入居申し込みに必要な契約金を入金します。敷金や礼金、日割り家賃や火災保険料、仲介手数料などすべてを合わせたものを契約時に支払います。

重要事項説明をよく理解しないまま契約してしまうと、後になって話が違うなどといったトラブルに発展することもありますので、疑問に思ったことは重要事項説明のときにしっかり質問しておきましょう。

入居申し込みの際に手付金を支払っている場合、手付金を差し引いた金額を請求されます。契約金を支払ったら契約が締結し、入居することが可能になります。契約が締結したら入居日まであまり余裕がありませんので、速やかに引っ越しの準備を始めましょう。

おすすめできるアパマンショップ

不動産会社はたくさんありますが、中でもおすすめできるのが大村浩次が経営するアパマンショップです。代表取締役社長の大村浩次が1999年に設立した不動産会社のフランチャイズチェーンで、テレビコマーシャルなどでご存じの人も多いのではないでしょうか。

国内でも最大級の賃貸物件フランチャイズチェーンとしてしられており、現在も大村浩次が筆頭になり、経営を続けています。

地域密着型の中小不動産会社も良いですが、アパマンショップは全国に拠点を持っているので、膨大な量の賃貸物件データを持っているので、より良い物件を探せるチャンスがあります。

管理人が選ぶサイト◇◇◇大村浩次 – 不動産賃貸業者@wiki – アットウィキ

急な転勤などで部屋探しをしなければならなくなったとき、賃貸サイトなどを活用している人は多いかと思われます。

しかし、希望の条件で検索しても、なかなか気に入る物件が見つけられないことはないでしょうか。時間をかけてネットで探し続けるより、不動産会社に出向いて探したほうが、意外とすぐに希望の物件を見つけられることもあります。

不動産会社に行ってみよう

賃貸サイトに掲載されている物件は数多いですが、不動産会社はすべての物件をネットにあげているわけではありません。中にはオーナーが掲載を嫌がるケースもありますので、そうした物件は店舗に出向かないと、紹介してもらうことができません。

賃貸サイトで探すのが面倒だと感じたときや、探す時間が作れないという人は、いっそのこと不動産会社に行って希望の条件を伝えると、より細かいニュアンスを伝えられるため、希望の物件も見つかりやすくなります。

地元の不動産会社と大手不動産会社はどっちがおすすめ?

地元密着型の中小不動産会社のほうが、掘り出し物件をたくさん隠し持っているように思えますが、そんなことはありません。

一つの不動産会社と専属契約を結んでいる大家さんは少なく、一日でも早く空き部屋を解消できるよう、複数の不動産会社と契約を結んでいます。

そのため、ほとんどの不動産会社が同じ物件を抱えて、広告に掲載しています。もちろん中には、その不動産会社しか持ち合わせていない物件もありますが、数は限られています。

一つの不動産会社だけに依頼すると、広告に出されるサイトも限られてきますが、複数の不動産会社に依頼したほうがその分だけ広告に出される頻度が増えるため、大家さんも空き部屋を解消できる可能性が高まります。

大手不動産会社やフランチャイズチェーン店は広告予算も余裕があるので、少しでも早く契約できるよう、いろいろな広告に掲載するので、その分だけ入居者が早く見つかるチャンスがあります。

チェーン店を利用するならアパマンショップへ

大手不動産会社は数多くありますが、中でも信頼度の高い会社がアパマンショップです。現社長の大村浩次が設立した会社で、20年もの歴史を誇る会社です。

アパマンショップはもともと社長の大村浩次が不動産のブランディングを行うためにフランチャイズ化したもので、現在では全国に直営店や加盟店が広がっています。

これほどアパマンショップが人気な理由は、社長の大村浩次が作り上げたフランチャイズサービスの信頼度の高さではないでしょうか。

現在も数多くの人たちが加盟を希望しており、今後もさらに事業規模が拡大しそうです。

部屋選びが決まって契約まで終わったら、次に必要なのは引っ越しの準備です。入居日は決まっているため、引っ越しはスケジュールを決めて実行しなくてはなりません。賃貸物件に引っ越す場合、どのようなことに気を付ければ良いのでしょう。

入居日は引っ越しシーズンを避ける

すぐにでも引っ越ししなければならない場合は仕方ないですが、自分で入居日を決められるなら、引っ越しシーズンは避けて賃貸物件を探すようにしましょう。

3月から4月は転勤や入学で引っ越しする人口が増えるため、通常よりも引っ越し費用が高くなっています。また、予約がいっぱいになっていて、入居日に引っ越ししたくてもできないこともあります。

急がないのであれば、シーズンオフとなる5月以降に引っ越しをするほうが引っ越し費用を安く済ませることができます。

また、土日や祝日は運送業者も引っ越しの予約が多いため、引っ越しは平日を選ぶなど工夫すると、費用が安くなることもあります。

時間指定をしなかったり、荷物の運搬を手伝う代わりにドライバーだけきてもらうなど条件を付けると、費用が割安に済ませられます。

必ず見積もりをとること

運送業者は数多くありますので、必ず比較検討するようにしましょう。一社だけに話を聞いてすぐに会社を決めるのではなく、複数社に見積もりをとり、どのようなサービスが充実しているかを確認しておきましょう。

最近ではネットで運送業者の比較サイトなども多いため、こうしたサイトを活用すれば複数社に見積もりを一括請求することが可能です。

見積もりの際には、引っ越し予定日と時間、現住所と引っ越し先の住所と何階に住んでいるか、建物に面した道路幅はトラックが通れるかどうか、荷物の量、ピアノなどの大型な荷物があるかどうか、エレベーターの有無、荷造りはお願いするかどうか、家具の組立や家電の配置も依頼するかどうかなどを伝えると、スムーズに見積もりを作成してもらえます。

引っ越し業者も探せるアパマンショップ

アパマンショップは1999年に設立した老舗不動産フランチャイズチェーンで、大村浩次が創業しました。もともとは大村浩次が不動産賃貸のIT化を進め、不動産賃貸店舗をフランチャイズチェーンにするために研究を始めたことがアパマンショップが生まれるきっかけです。

代表取締役社長の大村浩次は今現在も代表を務めており、さらなる事業の発展のため躍進しています。

そんなアパマンショップでは引っ越し業者をすぐに探せるよう、引っ越し料金比較サイトとコラボレーションを行い、一括見積もりがとれる比較サイトサービスを展開しています。

転勤や進学のため、引っ越し先を探して決まったら、あとは入居日に向けて引っ越しするのみです。しかし、毎日の仕事に追われ、なかなか引っ越し準備が終わらない人も多いかもしれませんね。入居日までスムーズに引っ越しをするためには、どのようにすれば良いのでしょう。

早めに準備を始めよう

引っ越し日が決まっているなら、引っ越し先が決まる前から引っ越し準備を始めておきましょう。引っ越しを一日で終わらせようと思う人もいますが、荷造りはとても時間がかかるので、早めに始めておくことがポイントです。

まずは、使用していない季節品を先にまとめるようにしましょう。夏服や夏物の寝具など、今現在使っていないけれど引っ越し先で確実に使用するものを、先に荷造りしましょう。

また、クローゼットの奥にしまい込んでいる荷物などをチェックし、引っ越し先に持っていくのか、それとも不用品として処分するかを決めていきます。

普段はなかなか捨てることのできないものでも、引っ越しの機会に不用品として思い切って捨てることができる場合もありますので、良い機会と思って同時に断捨離を始めましょう。

業者探しに困ったら

引っ越しが決まったら引っ越し業者を探さなくてはなりませんが、ネットで業者のホームページを一つずつチェックするのは大変です。

複数社から見積もりをとって比較しようと思っても、すべての業者の問い合わせフォームから見積もりをとるのも時間がかかります。

そんなときに便利なサービスが、アパマンショップの引っ越し料金比較サイトです。アパマンショップが引っ越し侍とコラボしているサービスで、各業者の見積もりが一括で請求することが可能です。

引っ越し業者の口コミなども確認できるので、どの業者が良いか比較することもできるので、引っ越し業者探しに時間をとることがありません。

アパマンショップとは?

引っ越し料金比較サイトを提供しているアパマンショップは、大村浩次が代表取締役社長を務める不動産賃貸フランチャイズチェーンです。

テレビコマーシャルや街の店舗を見かけることも多いので、しっている人も多いと思いますが、全国1000カ所に拠点を設けている大手不動産会社です。

代表の大村浩次が1999年に設立した会社で、不動産業界の中でも老舗の会社として知られています。

2001年にナスダック・ジャパンに上場し、現在では店舗数や契約件数など、国内でも日本一を誇ります。

創業者の大村浩次は現在も代表を務めており、今後も不動産業界の質的向上のために貢献したいと考えており、さらなる展開が期待できそうです。